Apple Musicの「Beats 1」で新しい音楽に出会う、その3

スポンサーリンク

少し期間が空いてしまいましたが、相変わらずBeats 1を聴いています。

音楽を聴く手段が多すぎて少し困ってしまうという、なんとも贅沢な状況になっているんですが、Beats 1は何も考えずに流しっぱなしにできるところが本当に便利に感じています。

今のところですが、聴きたい曲を指定して聴く時と、このBeats 1を完全に使い分けができています。

ということで、久し振りに出会ったかっこいい音楽をまた紹介します。

ここ1ヶ月で出会ったかっこいい音楽


  • 1. Miguel:Coffee

  • アメリカのロサンゼルス出身のR&Bシンガーである「Miguel」。2010年にはメジャーデビューしていたようですが、全く知りませんでした。しかもビルボード200に45週連続でチャートインを果たすとか、かなり売れていたようです。

    はい、恥ずかしながら、僕はR&B系をほとんど聴きません。でもBeats 1みたいになんとなく流れてくると「お、いいな」とか思って聴くんですよね。自分から見つけに行こうとしないのはダメなので、新しくR&Bと出会う方法も見つけようと思います。

    Coffee


  • 2. Ultimate Painting: Break the chain

  • ロンドン出身のUKインディーズロックDUOが、この「Ultimate Painting」。良きオールドUKロックという印象。優しい気持ちになれる。

    Break the chain


  • 3. John Newman:Come And Get It

  • イギリス出身のシンガーソングライター。まだ25歳にして、なかなかの渋さを発揮しているイケメンである。ちょっとMaroon 5を意識しすぎたような楽曲に放っている気がするが、僕は好きだ。バックバンドを引き連れてガンガンやってほしいと思った。

    Come And Get It


  • 4. ALICE GLASS:STILLBIRTH

  • カナダ出身の女性アーティスト。これは、なんというジャンルに当てはまるんだろうか。
    神秘的な、一歩間違えば病的な雰囲気だが、全体的に尖った音と尖ったボーカルに圧倒された。Twitter含めて、絵が若干怖い。

    STILLBIRTH


  • 5. Gary Clark Jr. :Don't Owe You A Thing

  • アメリカはテキサス出身のギタリスト。Beats 1で流れていたのはこの曲ではないが、かっこいいブルースのギタリストだ。僕はギターは全然弾けないけど、こんな風にギターをかきならせたら楽しいだろうなーと思う一曲。

    Don't Owe You A Thing


    過去に「Beats 1」で出会った音楽


    Apple Musicの「Beats 1」で新しい音楽に出会う、その1

    Apple Musicの「Beats 1」で新しい音楽に出会う、その2
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。