AWAが400万ダウンロード突破、月額料金の値下げも発表

スポンサーリンク

画像引用 AWA Official Media

急にひっそりとAWAのオフィシャルサイトで発表されましたね。

最短で8月26日には有料に切り替わるユーザーが出てくるAWAですが、有料化を直前にして料金の値下げが発表されました。

ちなみに僕の無料(Trial)期間は、8月26日の13時51分までです。先日チケットを購入したLINE MUSICもまだ使い切っていないですし、Apple Musicも無料期間中なので、どのプランで継続するか悩みます。

機能そのままに値段と名称を変更


今回値下げの対象となったプランは月額1,080円(税込)でプレイリストの作成公開や、曲の指定再生が時間無制限で利用できる「Premiumプラン」です。このプランは機能そのままに月額960円(税込)へ値下げとなり、プラン名称も「Standardプラン」に変更すると発表されました。

またこの結果、有料プランは月額960円/360円(税込)の2プランとなります。その他、毎月60分だけ好きな曲を指定できないラジオ型のストリーミング配信を利用できる「Freeプラン」も用意されており、各プランの機能をおさらいすると以下の通りです。


オフライン再生機能にも対応


先日紹介しましたが、本日アプリのアップデートを実施することで、オフライン再生にも対応しました。今の所バッチリ利用できています。

オフライン再生を利用するには、アプリをアップデートする必要があります。AWAを起動すると強制アップデートの通知が出てきますので、App Storeにてアプリをアップデートします。(今回は、iPhone 6を利用しています)


アップデート完了後、ローカルで再生したい曲やアルバム、プレイリスト上でメニューを押すと、「オフラインで再生可能にする」と出てくるのでタップします。


右上の「読み込みアイコン」が消え楽曲の取得が完了すると、オフラインでも曲を聴けるようになりました。試しに機内モードで実験しましたが、問題なく再生できています。


アプリのダウンロード数が400万を突破したことも発表


先月から何度かLINE MUSICやAWAのダウンロード数について記事を書いていますが、今回、AWAも400万ダウンロードを突破したと発表されました。

僕の見込みだと、1か月前は250万ダウンロード程度と予測していたので、8月9日のLINE MUSIC無料期間終了による大移動などの効果もあり、ダウンロード数にブーストがかかったのでしょうか。
「AWA」では、現在400万ダウンロードを突破し、配信楽曲数は2015年内に3,000万曲配信を予定しております。今後も配信楽曲数を拡大するとともに、音楽を楽しんでいただくための新たな機能追加を積極的に行ってまいります。

引用元:AWA Official Media
今回の値下げにより、国内でのライバルにあたるLINE MUSICのプレミアムプランより20円だけ安くなりましたので、こちらもライバルを意識した対抗手段ですね。

果たしてどの程度ユーザーがついてくるでしょうか。

  • Source:

  • AWAが月額料金を値下げ!オフライン再生機能とプレイリスターランキング機能の提供も開始!
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。