Apple Music、ユーザー数が1,100万人を超えたと公式に発表

スポンサーリンク

アップルの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」ですが、開始5週間でユーザー数が1,100万人になったと公式に発表されました。これは、USA TodayがAppleの幹部であるエディー・キュー氏に行ったインタビュー内で答えた数字です。

前回は噂レベルで「開始から1ヶ月を待たずして、会員数が1,000万人を超えた」との報道もありましたが、あながち間違ってはいなかったようです。

さらにインタビューの中では、この1,100万ユーザーのうちファミリーメンバーシップは200万で、残りは個人メンバーシップであるとも明らかになっています。

思ったより少ない・・?


というのが、正直な感想です。

アプリのダウンロード数とユーザー数を一概に比較することはできないのですが、日本でのライバルにあたる「LINE MUSIC」は、日本国内のアプリダウンロード数が620万ダウンロードを突破したとの公式発表がありました。

もうひとつの定額制音楽配信サービスである「AWA」に関しても、僕の予想ではありますが、現状250万強のダウンロード数だと睨んでいます。

参考:AWAとLINE MUSIC、ダウンロード数に大きな差が出ているかも?

もちろん「LINE MUSIC」や「AWA」の方が先行してサービスを開始しているので期間が長いこともありますが、それにしても世界展開しているApple Musicの数字が1,100万人とは、少し寂しい気がしました。

Apple Musicは無料期間が残り2ヶ月ありますので、その間にどれだけユーザーを集められるかが注目したいところですが、海外でのライバルであるSptifyのユーザー数7,500万人、有料会員数2,000万人を脅かす存在になるでしょうか。

今後も楽しみです。

  • Source:

  • USA Today:Apple Music hooks 11 million trial members, App Store has record July

    The Guardian:Apple Music has 11m listeners five weeks after launching 
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。