Apple Musicの「Beats 1」で新しい音楽に出会う、その1

スポンサーリンク

Beats 1、みなさん聴いてますか?

かなり楽しいですよ。

僕は仕事中、音楽を聴きっぱなしなことが多いんですが、最近はずっとBeats 1ばかり聴いています。こないだまではAWAのプレイリストを流していたんですが、完全に乗り換えちゃってますね。

これは、いよいよどの有料サービスを継続するか悩みどころですねぇ。。。

Beats 1とは


「Beats 1」とは、24時間放送のインターネットラジオ局で、有名DJが世界に向けて発信しているラジオをリアルタイムで聴くことができるサービスです。全世界に向けて発信していますので、楽曲もあらゆるジャンルを扱っており、自分がこれまで聴かなかったような音楽や、最新トレンドの音楽に出会うことができます。

そして、Apple IDさえもっていれば無料で聴くことができます。

ラジオだからと言われればそうかもしれませんが、無料でこれだけ聴けるのは素晴らしいです。たまに広告が入ったりもしますが、全然気になりませんね。

中学生の頃に、深夜ラジオを聴きまくって新しい音楽に出会っていた感覚を思い出して懐かしくすらなりました。

Beats 1の使い方


iPhoneユーザーは、Apple Musicを起動すれば「Radio」のタブがあります。選択後、「今すぐ聴く」をタップするだけで聴くことができます。


また、パソコンを使っている場合もiTunesを起動すると同じく「Radio」のタブがあります。こちらも同様にタブを選択後、「今すぐ聴く」をクリックするだけで再生が開始されます。


Android版も秋には用意する予定だとアナウンスされています。

知らない音楽に出会えて、本当に便利ですよ。

ここ数日で出会ったかっこいい音楽


このように今週に入って流しっぱなしだったんですが、聴いていて出会ったかっこいい音楽を3曲紹介しようと思います。

  • 1. Royal Blood:Figure It Out

  • このバンド(二人組なのでデュオ?)、話題になっていたのを横目にきちんと聴いたことがなかったんですが、かなりかっこいいですね。イギリスのブライトン出身で、ヘヴィなサウンドと図太い音圧の正統派ロックです。

    海外ではかなり火がついていますし、すでに来日公演も果たしているなど、これからの広がりが楽しみです。個人的にコードが下がっていくパワーコード系のリフは、かっこよく聴こえて反則だと思ってます。


    Figure It Out


  • 2. Ryan Adams: Wonderwall(Oasis)のカバー

  • Ryan Adamsは知っていましたが、Wonderwallのカバーは知りませんでした。
    Oasisの名曲ですが、Wonderwallのカバーは多くのアーティストがやっていますが、正直全部駄作だと思ってました。

    でも、このライアン・アダムスのカバーはかなりいい味が出てますね。寝る前とかにゆっくり聴きたくなります。


    Wonderwall


  • 3. Slaves:Sockets

  • このバンドは初めて聴いたんですが、かっこいいです。いかにもなパンクロック!って感じの音楽です。ほとんど情報がないんですが、イギリスのケント出身でまさにこれから売り出すバンドみたいですね。

    そして、今年のサマソニ(東京)に出演するみたいです。これは見る価値ありそうなバンドです。


    Sockets


    まとめると


    知らない音楽に出会えて本当に便利なサービスだと思います。自分の好みによる偏りもないですからね。洋楽好きにはおすすめできます。

    ちなみに記事タイトルに「その1」とつけたのは、今後も継続して出会った音楽を紹介していこうかなと思ったり思わなかったりしたからです。そうやって、シリーズ化して紹介しようと思えるくらい色々な音楽に出会えるサービスですよ。
  • 「Beats 1」で出会った音楽、その2

  • Apple Musicの「Beats 1」で新しい音楽に出会う、その2
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。