AWAとLINE MUSIC、ダウンロード数に大きな差が出ているかも?

スポンサーリンク

<2016.3.11追記>

LINE MUSICが1000万ダウンロードを突破したと発表しました。現時点で両者の差は約300万ダウンロードです。

LINE MUSIC、ダウンロード数が1,000万件を突破

-----------------------
<2016.2.17追記>

AWAが700万ダウンロードを突破したと発表しました。

AWAのダウンロード数が700万を突破したけど。

-----------------------
<2015.12.25追記>

AWAが650万ダウンロードを突破したと発表しました。

2015年に「AWA」で最も聴かれた楽曲ランキングを発表 累計再生回数は20億回を突破

-----------------------
<2015.08.24追記>

AWAが400万ダウンロードを突破したと発表しました。両者の差はどこまで縮たでしょうか。それとも広がった?

AWAが400万ダウンロード突破、月額料金の値下げも発表

-----------------------
<2015.08.11追記>

LINE MUSICの無料期間終了に伴い、AWAがダウンロード数を伸ばしているようです。継続して調査しようと思います。

LINE MUSICから3ヶ月無料のAWAへ大移動が始まっている

-----------------------
<2015.08.07追記>

LINE MUSICから本日もプレスリリースがありました。なんと、この1週間でさらにダウンロード数を伸ばし、740万件まで到達です。

-----------------------
昨日、LINEのQ2業績が開示されましたが、その際にLINE MUSICのダウンロード数が620万件を突破したと発表がありました。

タイと日本で公開された音楽配信サービス「LINE MUSIC」は、サービス公開時から多くのユーザーに利用され、サービス公開後約1ヶ月で620万ダウンロードを突破(日本のみの数値)し、非常に好調です。

引用元:【コーポレート】2015年4-6月期、業績についてのお知らせ 

一方、AWAは開始2週間で100万ダウンロードと発表がありましたが、その後は特にリリースなどがありません。

気になって調べてみたところ、少なくともアプリのダウンロード数に関しては、LINE MUSICが圧勝かもしれない状況が見えてきました。

Google Playのアプリダウンロード数から比較


まず、大前提として定義しておく数字が1つあります。

調査する会社によって若干数字が違ったりと諸説ありますが、日本のスマートフォンにおけるiOSのシェア率は6割程度と言われています。ということで、今回はiPhone:Androidの比率は、6:4であるという大前提で考えてみました。

この前提をもとに、おおよそのダウンロード数を見ることができる「Google Play」の数字から比較してみました。


LINE MUSICには、「100万ダウンロード」のアイコンが表示中ですね。
これ、実は100万〜500万ダウンロードという、かなり幅広い数字を意味しています。

LINE MUSICに関しては、公式に620万ダウンロードという発表がありますので、先ほどの6:4の法則に当てはめれば、Androidは250万ダウンロードくらいの数字になります。

うん、100万〜500万の間なので、外れてはいないです。

一方、AWAは「50万ダウンロード」のアイコンが表示されています。これは、50万〜100万ダウンロードの間という意味ですね。

仮に最大値の100万ダウンロードとしても、先ほどの6:4の法則に当てはめるとiOSのダウンロード数は150万くらいになります。

ということは、AWAはiPhoneとAndroidを合わせても250万ダウンロードということになりますねぇ。

あくまで推測ですが、これは「AWA」と「LINE MUSIC」のダウンロード数にかなりの差があるのか。。?

7月31日時点での両ストアランキングから考察


残念ながらApp Storeはダウンロード数について正確な数字がありません。
そこで具体的な数字はわからないものの、公式ランキングから人気を調査しました。


  • App Store :ミュージックカテゴリのランキング


  • やはり「LINE MUSIC」が1位にランクイン。
    AWAは2位ですが、この1位と2位の間にどのくらいの差があるのでしょうか。


  • App Store :無料アプリ総合ランキング


  • なんと、他カテゴリを入れた無料アプリ総合ランキングでも、LINE MUSICは1位にランクインしています。一方、AWAは12位です。やはりここには相当数の差があるのかと、想像してしまいます。


  • Google Play:音楽&オーディオカテゴリのランキング


  • Google Playの「音楽&オーディオ」カテゴリでもLINE MUSICが1位で、AWAが2位ですね。


  • Google Play:無料アプリ総合ランキング



  • Google Playにおいても、他カテゴリを入れた無料アプリ総合ランキングで、LINE MUSICは2位にランクインしています。一方、AWAは18位です。差がありますね。

    App Storeのランキング推移も調べる


    本日時点のランキングだけでは一概に比較できないとも思い、外部ツールである「AppGraphy」を利用し、過去1ヶ月間のランキング推移も調査しました。


  • LINE MUSIC:App Store過去1ヶ月のランキング推移



  • AWA:App Store過去1ヶ月のランキング推移


  • どうも、ここ1ヶ月はずっとLINE MUSICがトップにいるようです。
    AWAも7月上旬時点では上位でしたが、7月中頃から失速してきたようです。

    ちなみに、AWAは6月30日から、LINE musicは7月11日からテレビCMを開始しました。LINE MUSICのCM効果で「カーリー・レイ・ジェプセン」の人気が急上昇なんて話も聞きますが、アプリダウンロードに関しては、確かに少しは効果があったものの大きなブーストにはなっていないようです。

    勝負はこれから、無料期間終了後にどうなるか


    今回調査して独自に推測したのは、あくまで両アプリのダウンロード数です。

    本当にこれから差がついてくるのは、音楽ビジネスとして差が出てくるのは、やはり無料期間終了後ですね。

    LINE musicは8月9日(残り10日しかない!)には無料期間が終了しますし、AWAもサービス開始日に飛びついた人は、8月26日中には無料期間が終了するはずです。その時に、どのくらいの人数が有料会員として残るかが勝負だと思います。

    とはいえ、アプリをダウンロードしてもらわない限りは有料会員にもなってもらえないことや、LINEがスタンプで成功したことを考えると、LINE MUSICの有利が続きそうな予感はします。

    Apple Musicの無料期間も終了する10月頭が本当の勝負かもしれませんが、今後の動向も目が離せません。

    参考:


    世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2015年6月】~“iPhone大国”日本、高いAppleシェア率~
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。