フジロック2015 出演予定アーティストの男女比を調べてみた

スポンサーリンク

photo by Roger Blackwell


唐突ですが、調べてみました。

なぜ調べたかというと、調査会社ニールセンによると、アメリカの有名EDMフェスに出演している女性DJは、全体のわずか6%未満という記事を見つけたからです。

  • Nielsen: “Less Than 6% of DJs Booked by EDM Festivals are Female”

  • それが良いか悪いかはともかく、「んー、そんなもんじゃないかな」と思ったのですが、日本のフェスではどうなのかと気になったので、海外EDMフェスと比較して規模で負けていないフジロックフェスティバル 2015に出演が決定しているアーティストを調べ、男女比を出してみました。

    ちなみに、元ネタの参考記事内にて、アメリカで開催されているコーチェラといったロック系のフェスでは、出演者の20.4%が女性アーティストとなっています。

    果たしてフジロック2015の場合は、どういった結果に。

    調べるにあたってのルール


    とりあえず、本日時点で公式サイト上に出演が発表されているアーティストを対象にしました。

  • フジロックフェスティバル 2015 ラインナップ

  • 男女比の出し方ですが、バンド、ユニット、ソロに関わらず、メンバー全体に対する性別の構成比で調べています。例えば、5人組のバンドで女性メンバーが一人の場合、男性が80%, 女性が20%となります。

    よって、ヘッドライナーを務めるFoo FightersやMuseは全員が男性なので、100%男性で女性は0%となります。

    また、ソロアーティストやユニットの場合でも、公式サイト上でサポートメンバーやバックバンドが紹介されているアーティストについては、その方たちも数に含めています。例えば岡村靖幸さんの場合、出演者としては「岡村靖幸」ですが、メンバー内には各パートを演奏する方も紹介されていますので、それぞれ数には含めています。

    なお、以下2組のアーティストさんは、勝手ながら除外しました。

  • 女王蜂:彼ら?彼女たち?の性別が分からないので除外。。すみません。
  • THE CIRCUS OF HORRORS:もはや何人で来てパフォーマンスするか分からないので除外。

  • さぁ調べてみた結果、なんと、、


    除外した2組を除くと、本日時点で151組のアーティストが出演予定で、人数にして468人がステージに立つ予定になっています。

    アーティストベースの場合は、バックバンドやコーラスも含め、女性が一人でもステージに立つアーティストは「女性がいる」としています。それらを調べてみたところ、アーティストベースでは全体の20.5%, 人数ベースでは全体の14.7%が女性アーティストとなりました。


    アーティストベースの場合、たまたまだとは思いますが、コーチェラの例とほぼ同じ20.5%になりました。すごい偶然です。

    人数ベースになると少し比率が下がってしまうのですが、おそらく「STONE FOUNDATION」や「THE MAN」、「Räfven」といった男性のみ8人組のアーティストの存在や、男性4 人組ロックバンドの数が多く、反対に女性のみの多人数アーティストさんが少ないことが理由だと思います。

    まとめると


    元記事では、「EDMファンの45%は女性にも関わらず、出演している女性DJはわずか6%未満」という、若干ネガティブな読み方をできる見出しになっています。確かにロック系と比較すると少ないような気がしますね。

    女性ファンの数と女性アーティストの数が直接比例しているとも思えませんが、僕の感覚では フジロック含め日本のロックフェス参加者も4割くらいは女性だと感じているので、40%のファンに20%の出演者が妥当ということでしょうか。

    まぁ、ロックフェスでも長い期間かかって出演する女性アーティストが増えてきている状況なので、EDMフェスにおいてもこれから女性DJが増えていくと思います。
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。