Apple Musicでの配信を拒否すると、iTunesから削除される?

スポンサーリンク

<2015.06.22追記>
テイラー・スウィフトの抗議を受けて、無料期間中も報酬を支払う模様です。

テイラー・スウィフトが変えた?Apple Musicは無料期間中も報酬を支払う模様
Apple Music、日本でも本当に6月30日に始まるでしょうか。

現在も継続してアーティストと交渉していると言われていますが、海外サイトDIGITAL MUSIC NEWSにて、Apple Musicが開始した際、最初の3ヶ月間の無料サービス期間中はアーティストに1円もお金が払われず、さらにはその内容への同意をアーティストが拒否すると、そのアーティストの音楽をiTinesから削除するという記事がありました。

実際に、The Brian Jonestown MassacreのメンバーであるAnton Newcombeが、Twitterで公開しています。



それを受けてAppleは、「自分たちはそんなことしていない」と否定していることが、Rolling StoneのWEBサイト上で報じられました。ここまでの「ミュージシャンが公表する」→「その後、Appleが否定する」は、お決まりの流れです。

真実がどちらかはわかりませんが、仮に本当だとした場合、こういったやり方はもはや意味がないと思います。

いくらアップルが巨大な音楽配信プラットフォームだからといって、音楽を配信する方法は他にいくらでもあります。唯一無二の音楽プラットフォームでは決してありません。少し前まではiTunesから楽曲が削除されてしまうと一大事でしたが、時代は変わってきています。Anton Newcombeも最後は、「Appleなんか怖くない」と締めています。


日本でも多くの定額制音楽配信サービスが始まっていますし、音楽業界においては、世界的に大きな転換の流れが来ていることは間違いないですね。

Source:



スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。