Apple Musicがつぶやく邦楽アーティスト、ソニー系が無いけど・・?

スポンサーリンク

<2015.10.23追記>

ついに、Apple Musicでもソニー系邦楽の配信が開始されました!。

Apple Music、ついにソニー系の邦楽を配信開始!

-----------------------
<2015.07.06追記>

手当たり次第、邦楽の参加アーティストやレコード会社を調べてみました。

Apple Musicの邦楽アーティスト、日本の参加レコード会社を調べてみた

-----------------------
<2015.07.01追記>

午前0時から日本でも使えるようになりました!

が、本当にソニー系の邦楽アーティストが見当たりません・・

Apple Musicが日本でも開始、本当にソニー系の邦楽が無い件

-----------------------
いよいよ明日6月30日に世界でのサービス開始が迫ったApple Music。

Appleとしては珍しくFacebook上にイベントページまで作成する力の入れようです。

このページによると、6月30日に実施されるiOS 8.4へのアップデートを行うことでApple Musicが利用可能になるようですが、日本の公式サイトは現時点でサービス開始の日程をアナウンスしておらず、「まもなく登場」のままです。

やはり、日本での6月30日スタートはないのでしょうか。

同時期にサービス開始できない要因として考えられる理由は、やはり国内レコード会社との調整が難航している可能性が最も高いと思います。

ということで、色々調べてみました。

これまでApple Music Japanの公式Twitterアカウントがつぶやいた邦楽アーティストについて調べると、たまたまだと思いますがソニー系レーベルのアーティストがいません。

きっと、たまたまですよね。。

つぶやいた邦楽アーティストとレーベル


Apple Music JapanのTwitterアカウントはこちらです。

どういう基準でアーティストをピックアップして音楽関連の情報をつぶやいているのかわかりませんが、6月8日のアカウント開設以降、本日までに邦楽アーティストは10組の情報をツイート・リツイートしていおり、それらを整理すると以下の通りになります。

  • ユニバーサル・ミュージック系列

  • ナオト・インティライミ
    [Alexandros]
    Shiggy Jr.
    MONOEYES

  • エイベックス系列

  • 安室奈美恵
    KEMURI
    AAA

  • ワーナー・ミュージック系列

  • CORNELIUS
    banvox


  • キングレコード系列

  • モーモールルギャバン

    一応、MONOEYESは事務所がソニー系列ですが、これは細身さん自身の事務所がソニー系列というつながりで、楽曲におけるレーベルはユニバーサル系列です。

    このように、国内4大レーベルといわれる「ソニー・ミュージック」「ユニバーサル・ミュージック」「ワーナー・ミュージック」「エイベックスグループ」のうち、「ソニー・ミュージック」を除く3レーベルのアーティストに関しては、なんらかの情報をつぶやいています。

    何度も繰り返しますが、たまたまですよね。。

    一方、洋楽アーティストは?


    それでは、洋楽アーティストはどうでしょうか。

    Apple Music上での最新シングル独占配信をアナウンスしたファレル・ウィリアムスは、ソニー・ミュジック所属です。

    Beat1関連のツイートでつぶやいている、ジャスティン・ティンバーレイクもソニー・ミュージック所属です。

    と、このように洋楽に関してはソニー系列のアーティストを目玉にしている状況です。

    うん、たまたまこの時期、ソニー・ミュージック系レーベルの邦楽に関してはニュースがなかっただけですよね。。たぶん。

    まさかとは思うがiTunes問題、再び?


    そんなことはないと思いますが、ソニー(邦楽系において)とAppleで調整が難航しているのでしょうか。

    過去iTunesの事例において、実際にソニー系の邦楽は2012年11月までiTunes上で配信されませんでした。当時は、自社ウォークマン向けに同様のサービスを行っており、対抗する為にiTunes上で配信を行わないという背景がありました。

    現在の定額制音楽配信サービスにおいても、ソニーは自社の「Music Unlimited」はサービス終了してしまいましたが、「LINE MUSIC」には出資しており、あるいみで似たような状況になっています。

    ただし、当時とは環境含めて状況が全く異なりますし、実際にエイベックスとサイバーエージェントの手がける「AWA」向けには、SMEの楽曲も配信されています。ユーザーとしては、当然曲数は多い方が嬉しいです。

    いろいろ想像しても仕方ないですが、Apple Music国内でのサービス開始を首を長くして待っています。
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。