Ricoh Thetaで撮影、360度カメラのライブ動画映像がヤバい!

スポンサーリンク

すげぇぇぇぇ。

それしか言葉が出てこないです。

YouTubeが360度パノラマ動画のアップロードをサポートしたことは知っていたけど、これは本当にすごい。特にスマホで見たときのUIが直感的で素晴らしいです。

ジルデコことJiLL-Decoy associationが動画をYouTubeに公開しているので、とにかく動画を見てください。クリックすると別ウィンドウで開くので、パソコンの場合はGoogle Chromeブラウザで、スマホの場合はYouTube公式アプリを選択してください。

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720
リコー (2015-10-23)
売り上げランキング: 309

<2015.07.13追記>

「Google Cardboard」なるヘッドマウントディスプレイを自作して視聴したところ、映像への没入感が10倍増えました。

安藤裕子の360°カメラMV、Google Cardboardの自作で10倍楽しめた


ジルデコ360°ライブ動画


  • 視聴環境
  • ※ パソコン:Google Chromeブラウザ
    ※ iPhoneやiPad、Androidの場合はYouTube公式アプリで視聴

    ジルデコが撮影に挑戦


    6月14日に代官山LOOPで行われたセンター・ステージ型ライブ・­イベント、JiLL-Decoy association「360°Premium LIVE feat. ジルデコ・フェスタ!」にて撮影を行った、360°全天球イメージ撮影の動画がYouTubeに公開されています。

    画質の粗さが若干気になるところですが、これはライブハウス内の撮影に適した照度ではない為だそうです。

    撮影カメラには、リコーの全天球カメラ「RICHO THETA」を使用しています。このカメラはリコーのオンラインストアにて、34,700円で販売されています。

    映像の編集とかいろいろ大変だと思いますが、インディーズバンドでも手が届く値段のカメラですし、こういったライブ動画をYouTubeにアップロードすれば話題になること必然ですね!
    スポンサーリンク
    この記事をシェアする
    おすすめトピック
    東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。