Tesoro、優しくも独特な世界観のバンド

スポンサーリンク

2012年から活動しているポップ系女性ボーカルバンド「Tesoro」さん。

インディーズバンドに限らず、日本のバンドではあまり聴いたことがないジャンルの音楽だなーというのが正直な感想だ。

ポスト・ロックバンドとも紹介できるかもしれないが、R&B系やソウル系のようなブラックミュージックや、プログレっぽい要素を取り入れたナンバーも主体になっており、楽曲によって結構雰囲気が変わってくるので、「このジャンルです」と一つに絞って紹介するのは難しい。

それでいて、どれも独特で引き込まれるような世界観で溢れていると感じる。

例えば「私生活」という曲は、思いっきりR&B系っぽい雰囲気を出しておりギターリフも意識したカッティングが刻まれているが、その一方で「ビードロの底」なんかはピアノとギターでユニゾンするリフが印象に残りプログレっぽい雰囲気がプンプンするという具合だ。

また、どの曲も1曲あたり5分30秒程度と比較的長く、楽曲内で様々な要素やアレンジを楽しむことができるし、楽曲のパターンもどちらにしても曲の雰囲気とボーカルの声や歌い方マッチしていると思うし、鍵盤好きの僕としてはピアノの綺麗なサウンドもハマった。

スポンサーリンク

ビードロの底


Youtubeに公開されているPV。

紹介した通りピアノとジャキジャキしたギターのユニゾンリフがカッコいい。
イントロやアウトロを含めた要所に出てくる決めリフなので、自然と頭に残る。

メロディラインは音数が少なくボーカルの声を聴かせる感じになっているが、盛り上がる部分やギターソロを含む盛り上がる部分では音数を増やしていたり、決めリフのユニゾン以外は、同じようなアレンジやリフが出てこないなど、曲の構成も単調ではなく変化に富んでおり、まさにプログレッシブ=先進的アートといった感じの世界観だ。

動画



【ビードロの底】

ビードロの底



【spica】

spica



Official Website


http://www.geocities.jp/bandtesoro/
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。