results in cert、ピアノロックのカッコいい音楽

スポンサーリンク

2012年9月に結成されたピアノロックバンド「results in cert」さん。

お世辞じゃなく、本当にむちゃくちゃカッコいい音楽だ。

完全に僕のツボにはまっている。

初めて聴いたときは、鳥肌ものだった。

何度かこのサイトでも書いているが、僕は鍵盤の音が、その中でも特にピアノの音が大好きだ。

オルガンやシンセ、ストリングスやデジタル系エレクトロといった音色も好きだけど、やっぱりピアノの音が入っていると格別に好きになる。

このバンドさんは、そんなピアノの音とエモっぽく歪んだ声質のボーカルが絶妙な化学反応を起こしていると感じた。

力強くも切ないピアノ、存在感のあるギター、尖ったボーカルに安定したリズム隊と、どれをとってもカッコいい音楽だ。

言葉なんかよりも、とにかく聴いて欲しい。

fade out


YoutubeにMVが公開されている。

勢いのあるリフと流れるようなピアノの旋律から始まるロックナンバー。

Aメロ部分に入ると空間を埋めるようなギターとピアノがボーカルを引き立て、Bメロは切ない雰囲気からサビに向かって加速していく。

そしてサビに入ると、このバンドさんの真骨頂とも言えるような、楽器隊とボーカルの化学反応が起こる。

楽曲の構成自体はストレートなものだが、落とすところと上げるところのメリハリがあり、最後の大サビまで勢いを保っている。

ものすごく細かい個人的なツボだが、1分50秒のところで入るピアノ4度の音を使った装飾が一番グッときた。

fade out


Chicken


こちらはオシャレな雰囲気が出ている楽曲。

4つ打ちビートの安定したリズム隊に乗っかるピアノとワウの効いたギターが、雰囲気を出している。

また、これだけ激しく楽器がなっていても、全然負けていないボーカルの声はやっぱり独特だと感じた。

楽器隊のキメどころを色んなところに散りばめていて、装飾の遊びやオカズになっているリズムを見つけるのも楽しい。

他にもいくつか音源が公開されているが、聴かせるようなバラードから、カッコいいロック、聴かせるロックまでと幅広く演奏されている。

Chicken


Official Website


http://resultsincert.syncl.jp/
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。