アナログレコードが引き続き好調、セガ古典ゲームのサントラも登場予定

スポンサーリンク

photo by Marc Wathieu


日本レコード協会加盟全社の集計による2015年4月度(2015年4月1日~30日)のレコード生産実績が公表されました。

前回「アナログレコードは音楽業界の救世主になるか?」という記事も書きましたが、引き続きアナログレコードは好調で、伸び率は前年同月比336%で、金額にして1億円分の生産です。

もちろんこれは金額規模だけで見ると、シングルCD生産額の36億8千万円にはまだまだ及びませんが、相変わらずの伸びっぷりです。

この伸びはしばらく続きそうですね。

「シェンムー」、「ベア・ナックル」のサントラがアナログレコードで発売


このレコード生産実績の発表と同じタイミングに、セガの古典ゲーム「シェンムー」と「ベア・ナックル」(Street of Rage)のサウンドトラックが、アナログのLPレコードで発売されることが明らかになりました。

「シェンムー」は1999年末にドリームキャストで発売された作品、「ベア・ナックル」1991年にメガドライブで発売された過去の名作です。

両タイトルともわざわざ音源をアナログレコード向けにリマスターを施し、「ベア・ナックル」については、作曲者 古代祐三 氏の協力を得たフルリマスター版になる予定のようです。

発売は9月を予定しており、5月30日からData DiscsのWebサイトで購入予約を受け付ける予定です。

ゲームのサントラと思い出


僕は、ピコピコなっているだけの電子音だったゲーム音楽が、どんどんキレイになっていくのを、リアルタイムで聴きながら育つことができた世代です。

スーパーファミコンに驚き、プレイステーションに衝撃を受けました。

思い出補正もあるかもしれませんが、子どもの頃にハマったRPGの音源とか、僕は今でも大好きです。

好きなゲーム音楽とか語り出すと長くなりそうなので、また次の機会に。

これまでもゲームBGMのフルオーケストラ演奏などといった取り組みは行われきましたが、これからはゲームのサントラにまでアナログレコードの流れがやってきそうですね。

好きなゲームのサントラが、絶対買うだろうな。。

アナログレコードが何かと話題になり色々なアーティストがレコード音源をリリースする流れが広まっていますが、ゲームのサントラなども登場することにより、さらにアナログレコードの勢いは増しそうですね。

Source:


日本レコード協会

セガ『シェンムー』『ベア・ナックル』、まさかのアナログレコードでサントラ発売決定
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。