Lionic

スポンサーリンク

photo by Shunichi kouroki

都内、渋谷を中心に月に2〜3本のペースで活動中のロックバンド「Lionic」さん。
Sound Cloud上に2曲、YouTubeに1曲と楽曲が公開されているが、どれもエレクトロ要素が強く、重ためのギターリフが入っていたりとラウドロック色が強いが、少し優しくはっきりとしたボーカルの声やメロディックなボーカルラインが印象に残るバンド。

歌詞も日本語がメインのため、より耳に入ってくるようだ。

Days of Struggle


出だしのリフだけ聴くと、かなり激しめのラウドロックやスクリーモ系を想像するが、Aメロのボーカルにより、良い意味で期待を裏切られるメロディックなフレーズだ。
特にサビ部分など、イントロからは想像ができないほどキャッチーな曲になっている。

乾燥に入ると再び重たいリフが入るが、その後のギターソロは伸びのあるリードサウンドでギターロック・歌モノロック系のような印象すら受ける。

インディーズバンドシーンのラウド好きも歌モノ好きも、リフとメロディのギャップで両方を楽しめるのでオススメのバンドさんだ。

動画


【バベル(short ver.)】

バベル(short ver.)


Official Website


http://www.lionic.jp/

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。