朝コアを体験、ハードコア・エクストリーム出社してみた

スポンサーリンク

ハードコア・エクストリーム・・・必殺技の名前みたいですね。

前回「4月13日、月曜日の朝からライブハウスでハードコアを」で、朝からライブハウスでハードコアというイベントを紹介しましたが、本日開催されたので実際に体験してきました!

結論から言うと、いろんな意味で斬新で、新しい体験ができて満足しました。

前日早く寝ることができる


日曜日の夜。

それは、明日から始まる一週間を想像して憂鬱になるものだ。

しかし、この週末は違いました。

「明日は朝7時に新宿でライブだ!」と思えば、自然と早く寝ようと思うものです。
無駄に夜更かしをすることはありません。

朝からライブに行くというモチベーションのおかげで23時過ぎにはベッドに入っており、充分な睡眠をとることができました。

その結果自然と早起きができ、快適な月曜日の朝を迎えることができました。

いざ、朝コアへ


そういうわけで快適に目覚めた僕は、颯爽と家を出ました。

今回の会場である「新宿LOFT」は歌舞伎町にあるのですが、月曜日の早朝ということで朝帰りの人、酔いつぶれて道で寝ている人を横目に会場へ向かいます。

会場につくとタイトル画像の通り看板が出ていたのですが、「TONIGHT SHOW」と書かれているスケジュールに「OPEN: 6:30 / START:7:00」となっている時点で謎ですよね。TONIGHTは消せないんだ。

まぁ、そうか、普通ライブは夜に開催されるものです。

可愛い太陽とニワトリのイラストがある、ここは歌舞伎町のライブハウス、朝7時前、という時点で、もはや異世界の匂いがプンプンしてきます。

そして、エントランスでチケット代を払い会場に入りました。

正直、「参加しても人数少なかったらどうしような〜」と思いながら参加したのですが、入ってみるとけっこう人がいる!

みなさん、月曜日の朝7時前から何をやってるんですか。

素晴らしいですね。

最終的に何人いたのかな。数えられなかったですが、普通にお客さんは入っていました。

ライブ途中のMCで「この後、仕事の人ー?」って聞かれた時に、僕も含めてほぼ全員が手を上げてましたからね。

ほんと、素晴らしいです。

ライブ開始


ちょうど7時過ぎにはライブが始まったのですが、しょっぱなのMCが「おはようございます」って。 笑

僕もバンドやってた時リハ入った時には、おはようございますって挨拶してましたけど、ステージから言ったことはありません。 笑

そんな謎テンションで始まったのですが、ある意味、深夜ノリを感じました。
そうだ、これは深夜から延長して今を迎えているんだって、感じです。

しかも今回出演している「AARHNND」さんは謎ジャンルの癖になる系音楽で、「I love you Orchestra」さんは、ゴリゴリのプログレ系ハードコアなので、とてもじゃないですけど、爽やかな朝らしさを一切感じさせません。

でも、その謎めいた深夜ノリが良かったです。

ライブ中は朝ということを忘れて、月曜日の憂鬱とした朝と無縁になれましたからね!

今回出演したバンドさんについては別の記事でも紹介できればと思いますが、肝心の演奏も最高でした。

「I love you Orchestra」さんは初めてライブを見たのですが、その曲構成と音圧に圧倒されました。ツインドラムのトリプルギターって何ぞ?って思いながら足を運んだのですが、すごかったです。

やっぱりライブでは音源とはまた違う「迫力」を感じることができ、爆音を楽しんでいると、あっという間に1時間経ちました。

いざ仕事に向かうべく外に出ると、そこには人気のない歌舞伎町が・・・改めて朝だと感じました 笑



まとめると


今回は7:00-8:00の第一部、8:00-9:00の第二部の二部制だったのですが、僕は仕事があるので一部のみ参加しましたが、それでも充分楽しめました。

職場に向かういつもの電車ですら、かなりいい気分で乗ることができましたし、早速レポートを書いているのですが、まだ勤務開始まで時間も残っています。

今、隣の席の人が出社してきたのですが、もう僕とは顔つきが違いますね!
これは圧倒的な月曜朝の迎え方ですよ。

仕事をしていると平日の夜はライブハウスに足を運ぶことが難しいものですが、朝は邪魔するものがありません。

朝からライブハウスでのライブが、新しいトレンドになればいいなと思います。

今回新しい試みに挑戦してくださった、I love you Orchestraさん、AARHNNDさん、そして会場の新宿LOFTさん、楽しい企画をありがとうございました。

2回目が開催されることを楽しみにしています!
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。