THE ROAMERS

スポンサーリンク

ある一面では昭和歌謡のような、他の一面ではブルースやファンク、UKロックのような雰囲気のオシャレな楽曲を演奏するバンド「THE ROAMERS」さん。

ジャキジャキにエッジの効いたギターサウンドといまにも踊り出せそうなドラムパターンとベースライン、ファンキーなボーカルの声が特徴的だ。

night came


情緒溢れるスウィング的フレーズとベースのウォーキングがとても渋い味を出している。
曲全体はジャジーなフレーズが多様されているが、ジャズとロックが融合しており、ボーカルの少ししゃがれた声質も、曲の雰囲気とぴったり合っている。

少し小洒落たバーやホテルのカフェのようなところで聞きたくなる一曲。

could you shut mouth


コード進行だけ聞くとエリック・クラプトンのようなブルース調で曲中のギターソロなどもまさにブルース色が色濃く出ながらも、楽曲のリフやリズム面でもジャズフレーズで演奏することにより、往年のUK/USインディーロックを独特の世界観で表現した一曲だ。

音源


https://soundcloud.com/usertheroamers

動画


【THE ROAMERS】

THE ROAMERS


Official Website


http://theroamersinfo.tumblr.com/

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。