PARASANA

スポンサーリンク

ストレートなサウンドで音楽を表現し、攻撃的で感情的なシャウトと少し切なさを感じるメロディが織り交ざったラウドロックバンド「PARASANA」さん。都内だけでなく全国のライブハウスで活動している。

完全に好みの問題が入ってしまうが、こういったラウドなパートだけでなく少し憂いた感じのなんとも言えない切なさとメロディを表現しているボーカルの入ったラウドロックは、ついつい聴き入ってしまう。
歌詞についてもラウドやシャウト部分の英語歌詞だけでなく、メロディックな部分で「ふっ」と出てくる日本語歌詞部分が絶妙に混ざり合っている。

My White Lie


疾走感溢れるイントロから入る定番ラウドロック。力強いシャウトとメロディアスなボーカルが交互に入ってくることにより、それぞれの印象を強くしている。

全体を通して少し悲しい印象を受ける曲で、特にサビパートなどは激しい演奏の上に乗っているボーカルの声が本当に切なさを表現している。「My White Lie」という曲のタイトルだが、優しい嘘でも傷つくだけという複雑な気持ちをまさに表現したような一曲だ。

演奏も終始勢いを感じさせ、個人的には特にBメロ途中に入るギターのピッキングハーモニクスの音が、ワンポイントアクセントとなり最高にかっこよい。

Still


力強く野太い表現から入るパワフルな一曲。曲の始まりはリズム隊とバッキングが同じリフを繰り返しながら、ボーカルのシャウトを際立たせている。この部分のバッキングがあることにより、やはりその後の切ないメロディとのギャップがとても印象に残る。

他の曲でもそうだが落とす部分とシャウトな部分に差がありすぎて、ボーカル一人でどちらの声質も出しているということが普通に凄いと感じる。

動画


【My White Lie】

My White Lie



【Still】

Still


Official Website


http://parasanajp.wix.com/parasana-official
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。