insane

スポンサーリンク

ピアノ・エモーショナルロックバンド「insane(インセイン)」さん。

2011年頃から活動をされているようだが、今回始めて聴いてかなりかっこいいバンドさんだと思った。ピアノのキレイな音と激情型のギターやボーカルがいい感じだし、そして、やたらボーカルの英語の発音がキレイで心地よい。

エモーショナルロックに鍵盤が入るとエレクトロ音が前面に出てきがちだが、このバンドさんは基本ピアノサウンドで演奏している。
使用している楽器もシンセサイザーではなく、88 鍵の電子ピアノPriviaってところが、また僕のツボを押さえている。

Proof of life


キレイなアルペジオから入りピアノをアクセントに加えたイントロから始まるのだが、聴いていくとメロディ、サビ、間奏含めて、曲内でほとんど同じコード進行を使っている。
3つのコードをメインとし、フレーズのつなぎ目部分でコードを足しているといった構成だが、各楽器のアレンジとボーカルのフレーズによりメロディラインからサビに向けての盛り上がりを表現している。

こういったコードが少ない曲は変化をつけることがとても難しいが、装飾の変化で差別化している。特に2番メロディのベースアレンジが渋くてかっこいい。
また、間奏部分はピアノを出すことにより、アウトロでのリードギターがより印象に残るなど、鍵盤が入っているからこそできるようなアレンジになっている。

明日への針音


曲を通して鳴り続けるピアノリフが印象に残る一曲。

時折入る変拍子のリズムとピアノのアクセント位置で不思議な感覚に陥る特徴的なメロディから、ドラムパターンの変化とギターで疾走感を表現してサビへ入っていく構成は、かなり曲として作り込まれていると感じた。

そうやって入っていくサビ部分で拡がりのある空間系ギターサウンドと力強く感情的なボーカルにより、この曲のサビとそれ以外の部分をはっきりと差別化しており、どちらも印象に残るような楽曲だ。

僕はピアノ音が楽器の中で最も好きなので、こういったバンドさんの今後も楽しみだ。

動画


【Proof of life】

Proof of life



【明日への針音】

明日への針音


Official Website


http://www.insane-official.com/

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。