arrival art

スポンサーリンク

優しい歌声とすいこまれるようなメロディの3ピースロックバンド「arrival art」さん。
アップテンポでノリの良い曲からバラードまで幅広い楽曲の中で、ストレートな歌詞とストレートな演奏で自信の世界観を表現している。

バンドのコンセプトとして「心」と公言されている通り、どの曲も心の中を見透かされるような綺麗な音楽で、リスナー側がどんな気持ちの時に聞いてもその時々の感情に訴えかけるような深みのある音楽とメロディは是非聞いて見て欲しい。

独り舞台


公開されている最新MVでは、別れと出会いの季節に感じる様々な心情や自分の気持ちとの葛藤やその時の感情をメロディに乗せて歌っているロックナンバーだ。
そういった気持ちを演奏でも表現するかのように綺麗なクリーサウンドギターが奏でられる一方で、ベースラインは終始アクティブに動いているなど、揺れる動く心情を表現するようなイントロ、メロディとなっている。
しかしながらサビ部分ではそういった気持ちを振り切ったかのように、ストレートで力強いメロディと楽器隊の演奏が繰り広げられる。

1番のサビが終わると再度揺れ動くメロディラインに戻り、2番サビ終わりには心を整理しているような表現をドラムのリズムパターンで表し、最後は力強い大サビに繋がっていくなど、楽曲を通して一つの物語として感じることができた。

rainy


他にもいくつか楽曲が公開されているが、「rainy」は非常に明るく曲のタイトルとは真反対の印象がありインパクトがあった。この曲も、気分が晴れなく憂鬱な雨降りの気持ちもいつかは空が晴れるように明るくなることを曲を通して伝えているようだ。

楽曲もアップテンポで軽快なナンバーになっており、タイトにリズムを刻み続けるドラムとクリーントーンで鳴り続く優しいギターの音、ボーカルの繊細な声に癒される。最後の大サビ部分で転調するあたりなどが、まさに心が晴れるといった心情を表現している。

動画



【独り舞台】

独り舞台




【rainy】

rainy


Official Website



スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。