AllenChrome

スポンサーリンク

透明感がありメロディックなバンドさん「AllenChrome」(アレンクローム)さん。
ツインボーカル、ツインギター、キーボード、ベース、ドラムの5人組構成だ。

ギター二本とキーボードがあると、ポップス系や歌物ロックバンドの場合、それぞれの楽器がリフや装飾で同じ役割をして被ってしまいがちだが、それぞれの楽器が前面に出過ぎす持ち味を出している楽曲がたくさんある。audioleaf上にバラードからロックまで幅広く26曲もの音源が公開されているので、是非聞いて欲しい。中でも特に気に入った曲を二曲紹介したい。

MerryDays


空間系のサウンドと透き通ったボーカルの声がきれいに重なっている。
Aメロ部分はドラムンベースとボーカルだけとシンプルな構成で進め、Bメロでディレイの聴いたギターサウンドが入り、そのままサビへと繋がる。曲構成、コード進行も非常にシンプルかつ、音数自体も抑えながらもスカスカにならないように仕上がっている。

UnBirthday Song


少し激しめのロックよりのポップスだ。
イントロやサビで奏でられるリードサウンドを前面に押し出し、バッキングギターで楽曲全体を支える構成になっている。間にゴリゴリエフェクトに聴いたベースラインを取り入れたり、太いギターサウンドによるソロを入れたりとして味付けをしながらも、同じサウンドのフレーズを繰り替えすことによって、「あ、この曲ね」と印象付ける楽曲だ。

動画


【MerryDays】

MerryDays





【UnBirthday Song】

UnBirthday Song



音源


http://www.audioleaf.com/allenchrome/

Official Website


http://www.allenchrome.org/
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。