SECONDWALL

スポンサーリンク
都内でも全国でも活動されている 「SECONDWALL」さん 。

アップテンポの王道ロックがメインとなっている。
少し切なさを感じる女性ボーカルの声とツインギターによる重厚なサウンドが特徴的。
個人的に、やはりロックバンドはツインギターの方が大好きだ。ブリッジミュートと単音リードギターの組み合わせ、オクターブコード奏法、リードギターソロ中のバッキングなど、これぞロック!という感じがする。

公開されている音源を聞く限り、どれも3分 30秒ほどとロックとしては少し短めだが、いわゆるイントロ→Aメロ→Bメロ→サビ→Aメロ...というような構成ではなく、楽曲の構成がどの曲もおもしろい。

「アイデンティティ」では、イントロ→Aメロ→Bメロ→Cメロ→サビというように、1番から三種類のメロディを入れた上でサビに繋がっていく。その後も1番では利用していないメロディフレーズを入れた上で、ギターソロに繋がっていくなど、とにかく楽曲内のメロディ構成が豊富だ。それでいて、サビのメロディも合計4回繰り返すことや、アウトロとして利用することで印象にはとても残る。

また、「君の世界を」でも、サビメロディ歌い出し→イントロ→サビ2→Aメロ→Bメロ→サビ→サビ2→ギターソロ...というようにサビメロディを2種類もつなど特徴的な進行。さらにこの曲のギターソロから落とすメロディライン→Cメロ→大サビへのつながり部分など、一つのストーリーのような味が出ている。

なお、Aメロやサビの区分けは私が勝手にしているので、本来の意図と違っていればすみません。。

とにかく曲構成を一つの楽しみとして聞いて欲しいバンドさんだ。


動画


【アイデンティティ】

アイデンティティ


【君の世界を】

君の世界を


Official Website


http://secondwall.net/
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。