SALTY DOG

スポンサーリンク
パワフルなノルウェー人女性ボーカルが歌う「SALTY DOG」さん。

実は一年ほど前にYouTubeでラウドロック系の音楽を探していた際に初めて聞いた。
ボーカルの声に耳がいきがちだが、周りの演奏もエレクトロでキャッチーなリフや哀愁ただようギターなどに聴き入った記憶がある。

その時聞いた「Goodnight, Cruel World」は5分30秒という大作だ。
重めのギターリフからエレクトロ要素が聞いたメロディラインに繋がっていき、一旦Bメロで落とした後、疾走感を失うことなくサビに繋がっていく。

2番終わりのCメロではパワフルなだけでなく、繊細な雰囲気のボーカルの声も楽しむことができ、そこから入ってくるギターソロの伸びのある音がとてもいい味を出している。
最後は、また疾走感のあるサビへと繋がり曲が完成するのだが、一つの物語のようだ。

また、最近YouTubeに公開された「Loser City」では、よりエレクトロ色が強くなり、ダンスビードのEDMとラウドロック・スクリーモを合わせたような作品になっている。

有名どころでは「NEW BREED」や「Fear, and Loathing in Las Vegas」などを筆頭に、この手のEDMとラウド系の混ざった音楽はここ数年非常に数が出てきているが、ボーカルの声がダンスビードに合っており、そういった意味で他のバンドさんとの差別化はできているような気がする。

残念ながら私自身ライブパフォーマンスは見たことがないのだが、ライブではロック色が強いのかエレクトロ色が強いのかとても気になるので、どこかの機会で見に行きたいバンドさんだ。個人的には最近のエレクトロよりが好みだが。

動画


【Goodnight, Cruel World】

Goodnight, Cruel World


【Loser City】

Loser City


Official WebSite

スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。