ENTHRALLS

スポンサーリンク
都内だけでなく全国のライブハウスで活動している「ENTHRALLS」さん。
読み方は「エンソロールズ」。

「これぞ歌物ピアノロック!」といった楽曲を演奏している。

そもそも「ピアノロック」というジャンルの定義はどういったものか解釈により異なるかもしれないが、個人的にはポストロック系の音楽で、エレクトリックやストリングス、フェーザーといったシンセサウンドよりも純粋なピアノ音をメインとしてロックと融合している音楽だと思って楽しんでいる。

ここ最近は日本でも「fox capture plan」や「→Pia-no-jaC←」などのインスト系ピアノロック、ジャズロックといった有名なバンドさんが出てきているので、こういった歌物系ロックでピアノを前面に押し出しているバンドさんも、これからどんどん流行ればいいな、、と思っている。

「シグナル」では、強烈なピアノイントロから曲が始まり、その後も綺麗なピアノメロディが要所要所に出てくる。特にこのバンドさんはギターなし構成なので、ピアノがリフ的な役割からリードギターの役割までと幅広く鳴り続けており、最初から最後までピアノ音を楽しむことができる。とても軽快なロック音楽。

一方「私の男」のようにバラード調の曲もあり、ライブなどでは強弱がつくこと間違いないといった感じだ。こちらの曲は終始ピアノとボーカルだけだが、透明感のあるボーカルの声と綺麗なピアノでゆったりと聴くことができる。

動画


【lightning strikes】

lightning strikes


【私の男】

私の男


Official Website


http://enthralls.info/
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。