スポンサーリンク
メッセージ性の強い空間系ロックバンド「雨(AME)」さん。

「変わった」と表現すると失礼にあたるかもしれないが、独自の世界観を作り出しており、想像もできないようなリズム、メロディラインを刻んでいく。まさに、そこでそうくるか!と思わず口にしたくなる。

ドラムやベースは独立したリズムの中で要所要所に遊びが入っており、バンドマンが聴いていて楽しい曲が多い。そして、ギターも、ワウやフランジャーの歪んだ空間系から、クリーンやディレイによるきれいな空間系までと幅広い。

それら楽器隊の上に乗ってくるボーカルの声も空間系にあった綺麗で繊細な部分だけでなく、少しシャウトがかった声質なども非常にマッチしており印象的だ。

全身のバンドさん時代の楽曲だが「独り言」は、きれいなギターサウンドから静かでメロディアスなAメロに入っていきそういう曲かと思いきや、突然激しくなる。尖ったギターに、変則ドラムが入り乱れたかと思えば、また落ち着いた構成に戻っていくのだが、また、その後のサビ部分で奏でられる激しいボーカルの声と鋭いリードギターの音が耳に残る。

一方「海月」では、ワウの聴いたギターと軽快なドラムによる空間系ビートから始まり、繊細なボーカル中心のAメロに入っていく。サビに入っても強烈なリードギターの効いたロック調でかっこいい。その後の全楽器決め部分などはまさにバンドマン好みといったところだ。

動画


【独り言】

独り言


音源


http://www.audioleaf.com/noizz/

official Website


http://ame3.jimdo.com/
スポンサーリンク
この記事をシェアする
おすすめトピック
東京indieは元バンドマンが届ける音楽メディアです。